忍者ブログ

レイ・チャンドラン氏の公開チャネリング

ようこそ!

2010・3・13に行われた
レイ・チャンドランさんによる
公開チャネリングの内容を
ご本人の了解の上で
お伝えします。



クツミ 期待しないで意図すること


私はクツミです。
以前にも伝えた、自分の神聖なる魂とつながる、もしくは魂に働きかけることについて、もう少し話を進めましょう。
どのようにして自分のマインドをマスターすればいいのでしょうか?
ほとんどの人がマインドによって生活をしています。

あなたの人生にとって一番重要なものは何ですか?
魂ですか? 感情ですか? 肉体ですか? マインド、考え方ですか?
今の時点ではマインドが一番大切なのかもしれません。
そうです、すべてはマインドを通じて起きている、
マインドとはとてもパワフルなツールです。

そのパワフルなツールを自分にとって恩恵のある形に変えていくには
どうしたらいいでしょうか?
あなたが常に力、エネルギーを与えるものが育っていくものです。
あなたがネガティブなことを考えるのであれば、マインドの中で
そのネガティブなことが育つ、大きくなっていくわけです。
反対も然りです。
どのようにしてマインドを手なづければいいのでしょうか。

目を閉じてみてください、ゆっくり目を閉じて、ゆっくり呼吸をします。
ゆっくりと呼吸をします。
どんな形でもかまいません。
自分のハートチャクラにポータルが開かれるのを想像します。
実際にハートチャクラにはポータルがあります。
このハートチャクラのポータルを通じて、人は様々な場所、次元に
移行することができます。

自分が小さくなって、そのポータルに入っていくのを想像します。
自分の心の中の部屋に、小さくなった自分がいるのを想像します。

そしてあなたは歩いていきます。
遠くに小さな輝く星が見え、その星に向かって歩き始めます。
その星がどんどん強く輝き始めます。

あなたはその強い光にどんどん近づいていきます。
そのパワフルな光は、あなたのコアである魂の光です。

今あなたは自分の魂という、力強い自分の根源に近づいていき、近づきながら
そのパワフルな波動や光を感じ始め、呼吸しながらそれを取り入れていきます。
好きなだけ呼吸をしてその光を取り入れてください。

ここにいる人も、いない人も、誰もが自分の中にスピリチュアルな先生がいます。
そのコアの魂のエネルギーの中から自分の神聖なるスピリチュアルな先生が現れるのを
想像します。その先生もあなたの魂の一部です。
どんな存在、どんなエネルギーでもかまいません。
先生として何らかの存在を想像してみてください。
あなたは今、その自分の魂の光から作られた、もしくは出てきた
スピリチュアルな先生の前に座っています。

そのスピリチュアルな先生と自分のチャクラを繋げてみます。
特にそのスピリチュアルな先生のハートチャクラと自分のハートチャクラが
繋がって同期化することを求めます。

ここでその先生の名前を確認します。
そのスピリチュアルな先生は何らかのエネルギー的な特徴、もしくは名前、
音、波動を持っています。
そして他の人生のいつの時期に自分の先生であったかも確認してみてください。
言葉だけではなくて、自分が質問を投げかけたときのイメージ、感覚を
大切にしてください。

その先生と関係を持っていたのは何千年も前のことかもしれません。
つい最近のこと、50年前のことなのかもしれません。

それを思い出した時、また思い出せたのであれば、その人生のエネルギーを
この人生のエネルギーにも持ってくることが出来るということです。
あなたが先生と共にいたのは一回の人生だけではありません。

先生とは動物、または植物なのかもしれません。
何らかの形で自分に先生がいた、マスターと繋がっていた人生を思い出します。
すると自分がマスターであったことを思い出すようになります。

そしてそのマスターに、その存在が持っている性質、資質を分けてもらうことを頼みます。
勇気という性質、または優しさなのかもしれません。
マスターが持っている資質というのはそれぞれ異なります。
思いやりという資質、愛、自己受容かもしれません。
真実、行動力、持続力なのかもしれません。
必要な資質は人それぞれです。

チャクラを通じて、自分の中の先生が必要な資質を自分の体に与えてくれること、
そのエネルギーが体に取り入れられるのを想像します。

今度はその先生があなたの手を取って魂の光へとあなたを連れて行きます。
あなたはその中で、自分の魂の光の中に自分自身を溶け込ませることになります。
必要なだけこの状態を保ってください。
十分だと思ったら、受け取ったエネルギーをそのまま肉体に残したまま出てきます。

この瞑想を毎日行うと、自分の中にいる神聖なる先生がよりあなたの身近な
存在となっていきます。
次の段階に進みたい人は、コアの魂のエネルギーにも独自のマインドが
あることを認識してください。
その魂のマインドと、肉体が持つマインドを統合することを意図します。

先ほど高次元のエネルギーを取り入れて同化させることについてメタトロンが
言っていましたが、それをしておかないと通常のマインド、つまり論理的な
肉体のマインドが反抗する作用を起こす為、魂のマインドを自分のマインドに
同化することが困難になります。

このマントラもしくは宣言をしてください。

私は魂である、
私は創造主である、
私は神聖なるスピリチュアルな自分のマスター、もしくは意識である。

これを少なくとも瞑想するときは三回言ってください。

私は魂である、
私は創造主である、
私は神聖なるスピリチュアルな自分のマスター、もしくは意識である。

私は魂である、
私は創造主である、
私は神聖なるスピリチュアルな自分のマスター、もしくは意識である。

この言葉によって、自分の中の悟りを得た部分を自分に持ってくることになります。
次は三番目の段階になりますが、全部一緒にやる必要はありません。
1段階、2段階が慣れたら3段階というように順序良く行います。

これから一ヶ月間、話をしませんから、一ヶ月の間で1番目から2番目、そして
今から話す三番目の瞑想を自分に慣れさせながら進めて行くといいでしょう。
最初に、自分の心の部屋の中に入って魂と統合するということをしました。

その自分の魂の心の部屋の中で、自分の魂の向上に必要な、もしくは自分の家族や
日常生活を向上させるために働きかける必要がある四つの感情について聞きます。
自分が働きかける必要のある四つの感情を聞いてみてください。
慣れてきたら六つ、もしくは八個の感情について聞いても構いません。

働きかけるべき感情は一人一人違います。
ただ、多くの人に共通しているのが、不足している、何かが足りないから
何とかして手に入れなければならないという感情です。
神が自分の面倒見てくれると信じていないので、頑張って何かを手に入れなければと
思う、文化的、社会的な背景によって作られる感情です。

多くの人に共通する2番目の感情が分離、孤独です。
神と自分が一緒だと思えないこと、そしてまた母親との分離経験から
どんな時も自分が一人であると感じ、その孤独さを埋めるために一生懸命
心の隙間を満たしてくれる外部の物事を探そうとする感情です。

このように自分がよく持ってしまう傾向がある感情というもの四つ探し出します。
でも反対の感情もあります。
ネガティブで、働きかけなくてはならない、直さなければいけない感情について
云いましたが、逆に自分が持っているポジティブな感情を心の部屋の中で
聞いてみてもいいでしょう。
なんとかなると思える、ポジティブな感情かもしれません。
自分の役目それを見つけ出して、その道を進む、という感情なのかもしれません。
そのようなポジティブな感情があるのであれば、それを心の部屋の中で意識しながら、
そして呼吸をしながら、それを肉体へと落とし込んでいきます。

感情というのはマインドに栄養を与えるものです。
ですから感情によってマインドを満たすことができるわけです。
感情はマインドを満たすだけではなく感情体自身も満たすことができます。
人生の生活の中で何かが起きたとします。
誰かと別れたり、裏切られたりしたら当然悲しい気持になります。
でもエモーション、感情とはただ、エネルギーの動きのことです。

寂しい気持ちや心の穴があったとしたら、実際はただのエネルギーの動きである
ポジティブな感情をその気持ちに移してみるのです
ポジティブな感情にフォーカスをして、それを取り入れることによって、悲しいという気持ちを全く別の感情で覆うことができるということです。

例えば自分が心の中で見つけた自分に対するポジティブな感情が
“平和“であったとします。
でも現実の生活の中では寂しい、苦しい状況があります。
その平和というポジティブな感情というものをきちんと自分のものにできたら、
心の中で見つけただけではなく、適切な方法で肉体に設定して自分に
充満させることができれば、その寂しい、苦しい感情の上に
その平和なエネルギーを被せることができるのです。

そうすることによってどんなことが起きても、その出来事に対する意味付けを
マインドの中で選ぶことができるようになります。
それがマスターです。 
マスターといわれる存在というのは常に平和を保っています。
だからといって彼らには問題が起きないわけではなく、誰にでも
問題は起きるものです。
でも賢人とはすでに自分が選んでおいた感情によって、出来事によって起こる
感情をカバーすることができる、ですから常に自分を一定に保つことができるのです。
これは難しい事ではありません。
ただ練習が必要です。

また、例えば誰かと別れてしまったとします。
恋人との別れによって鬱になる人もいます。
ある程度の期間は悲しく感じるものです。
それでも、一定の期間が経つと“ああもう終わった”という風に言います。

実際に鬱というものは存在しません。
鬱だと思っている自分、自分が鬱だと思っている考えを変えることが出来た時が
鬱が終わった時期ということです。
別れたという出来事に対する受け止め方が変わった時に鬱が終わるわけです。
これも感情、エネルギーを動かすことで変えることが出来るのです。
感情を動かすことはとてもパワフルなツールです。

三番目としては、毎日朝起きた時、魂を呼び込む方法があります。
魂に対して、今日何をすべきかを確認します。
その日にどのような行動をとればいいのか確認するのです。
どのようなエネルギーを取り入れればいいか、どのような人と話せばいいか、
もしくは私に必要なことを教えてください、と質問を丸投げしてもいいでしょう。
今必要なことを聞くということによって、完全に今に存在することになります。
今に存在するということは、完全に全ての可能性を把握しながら将来を
作り出せることです。

もっと先に進みたい人には別の方法もあります。
期待に関することです。
物事を期待することは致命的で、期待こそマインドが作り上げているものです。
意図と期待とは別のものです。

意図することと期待することの違いを明確に分け始める必要があります。
意図とは、この家を買うとか、この試験に受かるんだ、などということです。
期待とは自分のマインドが求める方法で物事を起こそうとする、また
受け入れ方までも限定してしまうことで、意図とは異なります。

意図とは世界に対して自分がやりたいことを伝えるということです。
期待をしないで意図をすることによって、創造の流れ、創造力を止めないで
宇宙からのサポートを受けることになります。
期待をすることで、創造の流れを止めてしまうのです。

例えば、恋人を見つけたいと思っている人がいます。
でも多くの人は、恋人にするならお金持ちがいい、背が高いほうがいいなどの
期待をします。
でも、ただ自分が一緒に成長できるスピリチュアルな人を求めることを
意図するのであれば、何にも執着せずに生きていけることができます。

期待をしないでただ意図する事によって、結果に執着することなく
進んでいけるのです。
ただ意図することを楽しみながら実践してください。
期待することで、どれだけ自分を制限しているのか、ブロックしているのかが
ただ意図することを始めることで分かるはずです。
そして期待したことへの結果にどれだけ囚われているのかが分かるはずです。

皆さんに祝福を。
今日はいろんな情報を伝えました。
情報を実践することによって自分が想像している以上の加速や成長を
手にすることができます。
あなたの体は状況に左右されながら上下するかもしれません。
でも実践を続けることによって、マインドは常に平成を保てるはずです。
それがあなたの求めている自由ではないでしょうか。

私はクツミです。


レイ・チャンドラン

PR

2010/03/27 チャネリング Trackback(0) Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

TRACKBACK

TRACKBACK URL :
お客様
 
いらっしゃい!  
 
PR
 




(クレオパトラ7世)




 
 
最新記事
 
(09/20)
(09/16)
(09/14)
(09/13)
(09/11)
 
 
リンク
 
 
 
ご紹介
 





 
 
カレンダー
 
08 2017/09 10
S M T W T F S
1
4 5 6 7 9
10 12 15
17 18 19 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
 
モノモノだより
 




国内手織り製



 
 
カテゴリー
 
 
 
フリーエリア
 

ご訪問ありがとうございます。




 
 
プロフィール
 
HN:
モナド
性別:
男性
職業:
自営業
趣味:
スピリチュアル
自己紹介:
都会から遠く、大自然のなかで暮らしています。
プロフィールの画像の板絵人形や木彫・歌を制作
しています。
宜しくお願いします。
 
 
過去記事
 
(03/29)
(03/29)
(03/29)
(03/30)
(03/30)
 
 
ブログ内検索
 
 
 
CM
 

ご訪問ありがとうございます。



 
 
iroiro
 



【免責事項】 当サイト上で掲載している情報は、自己責任でご利用ください。 常に最善の注意を払っていますが、情報が間違っていたり変化していることもあります。それにより生じた損害に対する責任は負えません。リンク先で生じた損害については一切の責任を負いません。  
 
ご案内
 

【お薦め静止画動画音楽】



カレースープとミルクティー

---------

アクアの森・新感覚商品情報IROIRO



ネット音楽旅行

 
 
アーカイブ
 
 
 
RSS
 
 
 
ブログ内検索