忍者ブログ
  • 1
  • 2

どこでも、住めば都

 

住めば都って、
どんな田舎であっても、
そこに長く住んでいれば、
慣れて住みよい土地に思えてくることだそうです。
ちなみに
「都」は、政治や経済・文化の中心となる、
住みやすい場所の意味だそうです。
私の実感もここにあります。
PR

2016/09/16 エッセー

幸せはハートの中に,プチエッセーⅡ

幸せはハートの中に

いつも思うんですが、自分の中のこころのこと。

僕は一人部屋に居て、音楽を聴いたり、パソコンしたりして、

そのことに集中して居る時も。


ちょうど胸の胸腺あたりに手をあてると、そう少しの間

そうしていると、どこからともなく落ち着いた僕になるのです。

いくつもの僕がいるようです。


人にいやなことを言われたり、視線を送られたりと

過去のマイナスのイメージが繰り返し来るときがあります。

そんなとき決まって体調の変化の兆しで、風邪の前だったりします。


こころとからだ(細胞も)微妙に繋がっていることを感じます。

ほんとに人間って凄いメカニズムが秘められていると思うのです。

見えないこころを感じるように引き寄せると、落ち着きが出来るのでしょう。



ごきげんよう☆

2016/02/12 エッセー

楽しむことについてⅡ

楽しむことについて

不安を意識して取り除くには、
いろいろな方法があるのですね。

心の中で大きな掃除機を想像し、
スイッチを入れて、さーと、雑念を
吸い込んでしまうとか!
想像が現実を創っていきます。

ブログに入力することを、
いつの間にか楽しんでいたり、
部屋の片隅の片付けをしてたら、
気分が楽しんでいたことに、気づきます。

何かをして人は楽しむ
その心は
湖面のようです。

そして何もなくても、何もしなくても
心は楽しんでいることに
 人は気づくのです。

2016/01/13 エッセー

これからブログをやってみようかな?そんな方に!

はじめまして
これからブログをやってみようかな、
と思われる方へのメッセージです。
パソコンもなれていないのにブログをはじめた私はもう7年ぐらい続けているでしょうか!?
そこで思ったことなどをお伝えしたいと思います。
ブログはつくって見たものの、その魅力があせてしまって
お休みしている方も多いとも聞きます。
わたしはこの楽しいツール・ブログに感謝しながら
日々学んできました。
わけのわからない世界にはいることは、すこしの勇気が必要で、スタート時はいちいち疑問だらけでした。
インターネットをつなげるのも一苦労でした、そしてパソコンのキーボードをはじめてさわる。ここから始めました。
全体像がつかめないブログは日々進化しているから、その
ツールになれるのも、大変でした。各サービスサイトでは
独自性と共時性のバランスを保ちながらサービス向上してくれていました。いつしかブログの楽しさが浮かんでくるのです。
私が何をするのか、発信したいのか、方向性が重要です。
少々の困難さを楽しみながらブログをしてきたのも、この時代
このツールのおかげでした。
あなたのブログを愛しましょう。

ご案内
会員数200万人を超えるブログサービス「JUGEM」の有料版「JUGEM PLUS(ジュゲムプラス)」をご紹介します。(無料ブログもありますよ)
「JUGEM PLUS」の主な機能は以下の通りです。
■広告非表示
■スマホ版ブログのカスタマイズ(フリースペースを5箇所まで挿入可能)
■パスワードによる閲覧制限(鍵付き機能)
■独自ドメイン設置可能
■容量無制限
■高機能アクセス解析機能つき
高機能ブログを、長く快適にお使いいただける機能が充実しています!
こだわりブログをつくるなら【JUGEM PLUS】!

JUGEM PLUSなら月々300円(税抜)で、高機能・フルカスタマイズ対応のブログをご利用
いただけます。

アクセス制限や広告非表示、ケータイ連動など、様々な場面で活用できる機能が
盛りだくさん。

JUGEM PLUSなら、あなたのわがまま、かなえます。

2015/09/24 エッセー

幸せはハートの中に

いつも思うんですが、自分の中のこころのこと。

僕は一人部屋に居て、音楽を聴いたり、パソコンしたりして、

そのことに集中して居る時も。


ちょうど胸の胸腺あたりに手をあてると、そう少しの間

そうしていると、どこからともなく落ち着いた僕になるのです。

いくつもの僕がいるようです。


人にいやなことを言われたり、視線を送られたりと

過去のマイナスのイメージが繰り返し来るときがあります。

そんなとき決まって体調の変化の兆しで、風邪の前だったりします。


こころとからだ(細胞も)微妙に繋がっていることを感じます。

ほんとに人間って凄いメカニズムが秘められていると思うのです。

見えないこころを感じるように引き寄せると、落ち着きが出来るのでしょう。



ごきげんよう☆

2014/04/10 エッセー Comment(0)

詩作・緑の波動の連なり

緑の波動の連なり
二月の青空を見上げると、
ジェット機が飛んでいた。
白い線を残して、西の彼方へ。
つづき

2013/02/11 エッセー Comment(0)

楽しむことについて

不安を意識して取り除くには、
いろいろな方法があるのですね。

心の中で大きな掃除機を想像し、
スイッチを入れて、さーと、雑念を
吸い込んでしまうとか!

ブログに入力することを、
いつの間にか楽しんでいたり、
部屋の片隅の片付けをしてたら、
気分が楽しんでいたことに、。

何かをして人は楽しむ
その心は
湖面のようです。

そして何もなくても、何もしなくても
心は楽しんでいることに
私は気づくのです。

2010/10/24 エッセー Trackback(0) Comment(0)

自然の波動の連なり

二月の青空を見上げると、
ジェット機が飛んでいた。
白い線を残して、西の彼方へ。

車での仕事帰り道、
トンネルをくぐると、「ゴソリ!」
物音に気づく、そこには小鹿が二頭
あたりを探索中、ほんとにかわいい。

兄弟か姉妹か、、寄り添って自然の
真っ只中、餌を探していた。
しばらくにらめっこして別れる。

一瞬感じるこころの変化、
安心、平安な想いの波動を受けたのだ。

もっとハートをカラにしよう、
あたりの微風を感じよう、
そしてそれらのおいしい香りを知るのだ。

植物の緑の波動の連なりと、
今居る私とのつながりを
感謝したのです。
 

2010/02/26 エッセー Trackback(0) Comment(0)

ゆれうごくこころをみつめて

 生きて行くといろいろな人との会話がある。
 
別れた後、こころがゆれている私に気づく。


私はこころを集める、胸の中に、

こころの深い部分を意識してみる。
 

深いこころは映画のスクリーンのように

さまざまの映像を映し出す、

しかし終わればスクリーンのままにある。

というような話を思い出す。
 

インドの沈黙の聖者といわれる、

ラマナ・マハリシの本にあったことを思い出すのです。
 
あるがままに―ラマナ・マハルシの教え

ありがとう。

 

 

2010/02/24 エッセー Trackback(0) Comment(0)

バンクーバーテレビ観戦

はっと気がつくと、
かなり見ていたんだ、
パソコンやりだすとあっという間に
時間が起つけど!

能動的なパソコンと見るだけの
テレビの精神的影響が違いますね。
不思議に思う。

ほんとうに自分が喜ぶとは
私の場合、簡単なんだと気づく。
それは心の奥の自分(たましい)と
いっしょに居る時、感じられる時なのです。

それは仕事も遊びも喜びの内に
自然となされているようなもので、
いい感じの一日がはじまるのです。

2010/02/22 エッセー Trackback(0) Comment(0)

カレンダー
 
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
 
 
最新記事
 
(08/08)
(07/25)
(07/14)
(07/13)
(07/10)
 
 
モノモノだより
 




国内手織り製






(クレオパトラ7世)
 
 
カウンターほか
 
 
 
カテゴリー
 
 
 
フリーエリア
 

ご訪問ありがとうございます。





 
 
ご紹介
 






【お薦め静止画動画音楽】



カレースープとミルクティー

---------

アクアの森・新感覚商品情報IROIRO



ネット音楽旅行
 
 
プロフィール
 
HN:
モナド
性別:
男性
職業:
自営業
趣味:
スピリチュアル
自己紹介:
都会から遠く、大自然のなかで暮らしています。
プロフィールの画像の板絵人形や木彫・歌を制作
しています。
宜しくお願いします。
 
 
リンク
 
 
 
過去記事
 
(03/29)
(03/29)
(03/29)
(03/30)
(03/30)
 
 
ブログ内検索
 
 
 
RSS
 
 
 
iroiro
 




【免責事項】 当サイト上で掲載している情報は、自己責任でご利用ください。 常に最善の注意を払っていますが、情報が間違っていたり変化していることもあります。それにより生じた損害に対する責任は負えません。リンク先で生じた損害については一切の責任を負いません。  
 
ブログ内検索
 
 
 
CM
 

ご訪問ありがとうございます。

 
 
アーカイブ