忍者ブログ

幸せはハートの中に ・現代に届いたギフト

ポジティブの視点から 詩やエッセー、日記などを綴ります。

黒色の猫・オリェちゃんのおもいで

残念なことに2017年6月12日早朝、



オリェちゃんは天国に旅経ちました。


(早朝、家の前の道に倒れていた・・車にひかれた模様)

東北大震災の少し前に生まれた四兄弟ネコの一匹でした。



そのうちの二匹がこの家の猫になったのです。


その母猫は初産で体が小さく、家が餌を提供し、


森で暮らしていました。



PR

天国に旅経った黒猫オリェちゃん

残念なことに2017年6月12日早朝、

オリェちゃんは天国に旅経ちました。

東北大震災の少し前に生まれた四兄弟ネコの一匹でした。

そのうちの二匹がこの家の猫になったのです。

その母猫は初産で体が小さく、家が餌を提供し、

森で暮らしていました。

三匹のネコとの暮らし

私は結構長いことネコと暮らしている、
それほど好きというのではないのですが、。
子供が小さかったときは子供の友達として
飼う事になり、母親と子ネコ(メス)の二匹
との暮らしは長くつづいた。
数年の間をおいてつぎつぎと我家にネコたちは
住み着くことになる。
それぞれのドラマを抱えエサを食べにやってきた。アンマ、ミカエルは兄弟で兄のアンマは弟想いで賢かった。その間で迎えるのは常駐する
オスのジェントリーだった。部屋育ちだったであろう彼はいつか体が大きくなり、飼い主と車でやって来て、置き去りにされた。げっそりやせ細った頃
この家の軒下を住処とした。
アンマたちが旅立った後、少ししてジュリアーノは
子猫たちと友達になっていた。3月11日の少し前
ごろ、とても体の小さな母ネコが近くの藪で4匹の
かわいい子を産んでいた。毎日のように連れ立って軒下の餌場にやってくる。母ネコの兄弟ネコの
チビタはいつもそれらを見守ってついていた。
母ネコは意外とすぐに姿が見えなくなって、自身はそこそこに4匹のことで大変だったので亡くなったのかもしれない。チビタも4匹がしっかりしてきた頃、あえなく亡くなってしまった。
私が飼ってたわけでないのでわからないが、軒下の餌場は賑やかだった。
二年ほど前、その内の一匹が戸口で倒れていたので手当てをした。かなり衰弱していたので、病院へ行き元気になった。名前をサムソンという。
このサムちゃんが弟のオリェを連れてきたので
一緒に住むことになった。あとの子猫二匹は何処となく行った。
お父さん役のジュリアーノは寛大なネコで私は尊敬している。またサムちゃんも弟想いで感心だ。
オリェは今でも無垢なネコでみんなの心を和ませている。
三匹の存在は私の暮らしに大きく入っていて、
そんな風に毎日を過ごしている。