忍者ブログ

天国に旅経った黒猫オリェちゃん

残念なことに2017年6月12日早朝、

オリェちゃんは天国に旅経ちました。

東北大震災の少し前に生まれた四兄弟ネコの一匹でした。

そのうちの二匹がこの家の猫になったのです。

その母猫は初産で体が小さく、家が餌を提供し、

森で暮らしていました。

PR

2017/07/13 ネコ日記

三匹のネコとの暮らし

私は結構長いことネコと暮らしている、
それほど好きというのではないのですが、。
子供が小さかったときは子供の友達として
飼う事になり、母親と子ネコ(メス)の二匹
との暮らしは長くつづいた。
数年の間をおいてつぎつぎと我家にネコたちは
住み着くことになる。
それぞれのドラマを抱えエサを食べにやってきた。アンマ、ミカエルは兄弟で兄のアンマは弟想いで賢かった。その間で迎えるのは常駐する
オスのジェントリーだった。部屋育ちだったであろう彼はいつか体が大きくなり、飼い主と車でやって来て、置き去りにされた。げっそりやせ細った頃
この家の軒下を住処とした。
アンマたちが旅立った後、少ししてジュリアーノは
子猫たちと友達になっていた。3月11日の少し前
ごろ、とても体の小さな母ネコが近くの藪で4匹の
かわいい子を産んでいた。毎日のように連れ立って軒下の餌場にやってくる。母ネコの兄弟ネコの
チビタはいつもそれらを見守ってついていた。
母ネコは意外とすぐに姿が見えなくなって、自身はそこそこに4匹のことで大変だったので亡くなったのかもしれない。チビタも4匹がしっかりしてきた頃、あえなく亡くなってしまった。
私が飼ってたわけでないのでわからないが、軒下の餌場は賑やかだった。
二年ほど前、その内の一匹が戸口で倒れていたので手当てをした。かなり衰弱していたので、病院へ行き元気になった。名前をサムソンという。
このサムちゃんが弟のオリェを連れてきたので
一緒に住むことになった。あとの子猫二匹は何処となく行った。
お父さん役のジュリアーノは寛大なネコで私は尊敬している。またサムちゃんも弟想いで感心だ。
オリェは今でも無垢なネコでみんなの心を和ませている。
三匹の存在は私の暮らしに大きく入っていて、
そんな風に毎日を過ごしている。

2013/03/17 ネコ日記 Comment(0)

お客様
 
いらっしゃい!  
 
PR
 




(クレオパトラ7世)





無料ショップ開設なら「BASE」



 
 
最新記事
 
(10/22)
(10/21)
(10/20)
(10/19)
(10/17)
 
 
リンク
 
 
 
ご紹介
 


※福島支援の瞑想音・三分間









 
 
カレンダー
 
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 5
8 9 11 13 14
16 18
23 24 25 26 27 28
29 30 31
 
 
モノモノだより
 





国内手織り製



 
 
カテゴリー
 
 
 
フリーエリア
 

ご訪問ありがとうございます。







 
 
プロフィール
 
HN:
モナド
性別:
男性
職業:
自営業
趣味:
スピリチュアル
自己紹介:
都会から遠く、大自然のなかで暮らしています。
プロフィールの画像の板絵人形や木彫・歌を制作
しています。
宜しくお願いします。
 
 
過去記事
 
(03/29)
(03/29)
(03/29)
(03/30)
(03/30)
 
 
ブログ内検索
 
 
 
CM
 

ご訪問ありがとうございます。






 
 
ご案内
 

【お薦め静止画動画音楽】



カレースープとミルクティー

---------

アクアの森・新感覚商品情報IROIRO



ネット音楽旅行


IROIRO

 
 
iroiro
 



【免責事項】 当サイト上で掲載している情報は、自己責任でご利用ください。 常に最善の注意を払っていますが、情報が間違っていたり変化していることもあります。それにより生じた損害に対する責任は負えません。リンク先で生じた損害については一切の責任を負いません。  
 
アーカイブ
 
 
 
RSS
 
 
 
ブログ内検索