忍者ブログ

幸せはハートの中に ・現代に届いたギフト

ポジティブの視点から 詩やエッセー、日記などを綴ります。

翻訳アカシックレコード

ようこそ

MIXIコミュニArrived Energy On Earth トピック

#444-1 10月のアカシックレコード(1)

○この10月エネルギーに対しどのようにワークするのが最もよいのでしょうか?
How can we best work with this energy?

 これまで述べてきたこととは別に、10月の間は恩寵(grace)を体現するようにするとあなたが完全性へと拡大することを助けてくれるでしょう。様々な活動において、あなたはリラックスするほど有能であるということを思い出すのによい時です。あなたが緊張や葛藤にとらわれたとしても、あなた自身の達成のプロセスが遅くなるだけです。こうした知恵がこれまで以上に真実となる時です。恩寵についての思考はあなたが真にリラックスする助けになります。また、来たるものの流れにのり抵抗を手放す助けになります。イエス・キリストのイメージについて考えるのも一つの方法でしょう。また、マザーテレサ、老子、聖フランチェスコ、その他のマスターやスピリチュアルリーダー、そして慈悲を持つことで知られ、人間の日々の活動に分け入り、恩寵や慈悲の見地を持って対処してくれている教師達について考えてもいいでしょう。

 今月はあなた方もこれら教師達の一人として顕現していると考えて下さい。あなたはどんな状況においても心の平安と開いたハート、優しく触れることで状況に恩寵をもたらすことができるのです。少しこれを楽しんでみて下さい。あなたの毎日の生活に恩寵の感覚を取り入れることを楽しんで下さい。部屋に入る時はあなたのハートにこの恩寵の感覚と優しさを抱いて、何が起こるか見てみて下さい。覚醒していくということはあなたの神聖なる自己を取り戻すということです。神聖なる自己こそが教師でありマスターなのです。高次においてはあなた方はみな等しく、愛、寛容、理解という称号を持っています。それを勝ち取ったり無理する必要はありません。ただ、今月のエネルギーが、あなたをそういうエネルギーや在り方へと連れ戻すのを許せばよいのです。それはあなたという存在の一部です。あなた方は自分の神性を思い出すために努力してきました。今月、あなたはまさにその神性とともに生きることができます。もう努力する必要はないのです。

○2008年10月についてキーパーが我々に語りたいことは他にありますか?
Is there anthing else the Keepers want tell us October 2008?

 あなた方の多くにとって、10月は人生が楽に感じることでしょう。警戒する必要はもうないのですが、自己満足はためにならないということも重要です。物事のために闘う必要はないのですが、今月はオープンかつ活動的でいるようにして下さい。学びの経験や感じたり見たりすることに対していちいち警戒する必要はありませんが、新しい情報や新たな挑戦に出会うようにして下さい。2008年10月は人生への関わり方として活動的な休息をとるようにし、すべてをもっと優しく行って下さい。
 急いだり強行したりせずに、動き続け、新しいものを見たり試したりし続けて下さい。そうすれば、この先何ヶ月かあなたがそうなるように、今月の間目覚めていられるでしょう。統合すべきこと―たくさんの喜びと叡智があります。あなたが10月の間目覚めて活動的でいれば、それらすべてがあなたの手に入りやすくなります。今月の完全性を楽しんで下さい。あなたに滋養を与え、今月許された平和の感覚を抱擁して下さい。それはあなたのものです。あなたが働いて得たものなのですから!

りんくもとMIXI
PR